Read Article

【体験談】なんでもっと早く行かなかったんだろう part1

セッションの様子※この体験談は、お客様がご自身のブログで公開されたものを転載させていただいてます。

– 痛みに対する恐怖 –

『私、先月から気功整体を受け始めたのですが
効果が半端ない!って感じで

ありきたりなリアクションだけど
「なんでもっと早く行かなかったんだろう・・・」
と思っています^^;

何て言っても、私には今がベストなタイミングだったからだ
って理解しているので悔やんではいませんけどね^-^

私は、11歳の時に受けた怪我の治療で
【痛み】に対して猛烈なトラウマが出来てしまいました。

「こんな思いをするなら死んだ方がましだ!」

なんて、母に向かって行ってしまうほど
死にたいほどの痛みに耐えた。
当時の私にとって、あの治療は拷問でした。

それほど痛みに耐えて、治療を受けた私は
今、自分の足で歩くことが出来ているので
当時の治療に関わってくださった方々には
感謝しかありません。

ですが、心には【痛み】に対する
大きな恐怖心がドカンと鎮座するようになりました。

それが理由で、子供を産むことが出来ずに
中絶をしたこともありました。

出産の痛みは、男性なら死んでしまうほどの痛みだと
言われています。

女性は、それに耐えられるように身体がつくられていると
言われていますが、

私は、あの時よりも凄まじい痛みに耐える自信がなかった・・・

子供が大好きで、早く子供が欲しいと思っていた心の裏側には
出産への恐怖がずーっとつきまとっていました。

そんな私ですが、今は8歳になる娘の母親をしています。

娘は、私に病気を知らせに来てくれた命の恩人です。
子宮頸がんでした。

私は、娘の命を掛けて妊娠14週で手術をしました。

術後はMFICU(母体胎児集中治療室)で
おなかの赤ちゃんを守るために安静に過ごしました。

「私の命を救ってくれたこの子を絶対に産みたい」

そう思った私は、とにかく安静にしていました。

妊婦さんって、こんなに寝ているだけでも大丈夫なの?
体力が無くなったら、出産なんて出来ないんじゃないの?
私、がんばれるかな・・・

不安なことは沢山ありました。

お腹が大きくなるにつれて
ドンドン不安は大きくなりました。

ただ、何があっても大丈夫。
このボタンを押せば、直ぐに誰かが駆けつけてくれる。
そんな安心はありました。

安心と不安が入り混じる中
36週を迎えた私は

「もう、赤ちゃんは出てきても大丈夫だから
今日からは歩いてください」

と言われ戸惑いました。

それまでずーっとベッド上安静で過ごしてきたのに
いきなり歩けって言われても・・・

どのくらい歩けばいいのかわからず、少しづつ散歩に出るようになりました。

初めて、おなかの赤ちゃんと外の空気を感じながら
一緒に散歩をしたことは私にとっては
とてつもなく大きな思い出です。

そして37週を過ぎ、

「赤ちゃん、全然出て来る気配がないので退院してください」

と言われ一気に不安が押し寄せました。

退院???

私が入院していたのは神奈川県の東海大学病院
自宅は埼玉県・・・

家で何かあったらどうしたらいいの?
陣痛とか来たらどうしたらよいのかわからないし・・・

私は、出産をしてから退院するつもりでいたので
所謂、普通に起こり得る状況を考えては居ませんでした。

なので、絶対に産んでから帰りたいと先生に伝え
計画出産をすることに決めました。

その時に、どうせ薬を使って産むのなら
和痛分娩にしよう。
そうすれば、痛みは怖くない。

今はわかりませんが
東海大学病院では少しでも
出産の痛みを感じてもらいたいと言うことで
無痛分娩は行っていないと言うことでした。

私も、全く痛みを感じないのは嫌だったので
この和痛分娩というのを知りこれなら大丈夫って
思えたので和痛分娩で出産をしました。

出産してみて、気づいた事。
出産の痛みは、あの時の治療の痛みよりも
全然楽だった。

もちろん、私は麻酔を使ったので
通常分娩の人より痛みを感じなかったはずですが

それでも、私は出来るだけ麻酔を使わずに
自分が耐えられるところまでは耐えたので
結構、痛みに耐えたと思います。

でも、耐えられる痛みだった。

「これ以上の痛みは嫌だと感じた時には
麻酔を入れますのでいつでも言ってくださいね。」

そう言われたけど、私は全然耐えられる痛みだった。

やっぱり、けがの治療の痛みが
私にとっては一番強烈な痛みだったんだと
わかりました。

出産を経験しても、痛みに対する恐怖心は
無くならなかった。

特に治療に対する痛みに対しては
とても大きな恐怖心がありました。

そんな私は、気功整体を受けると決める前
先生に、「痛くないですか?」と問い合わせをしました。

まずは、どんな事をされるのか?
不安を取り除く事から始めよう。
そう思って、問い合わせをしたのが最初でした。

続く・・・』

元記事はこちらになります↓

『Happness method』
〜豊かな人生に創るマインドセット〜
http://remi73.com/痛みに対する恐怖心/

part2につづく、、、

※施術メニュー、理念、店舗の詳細は
<気功整体院HANDSはんず>
をご覧ください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top